FC2ブログ

アルミ切削加工製品の紹介

今日2回目のブログです。

やっと京都から戻ってまいりました。

そこで今回はアルミ職人工房の切削品のご紹介です。

とは言ってもアルミ職人工房ではフライスやNCでの旋盤加工は行っておりません。

ですが、さすが東大阪!!

腕の良い職人さん達ばかりです。

今回は勉強仲間の方に依頼し、製作してもらいました。

アルミ切削品2 11,8
    とても厳しい交差をクリアした製品
こちらは板圧10mmの板を、
3mmまで削ったりしてからの穴加工。

これもΦ35の穴が14個も空いてます。

でこちらも
アルミ切削品11,8
    歪なく加工した製品
こちらは板厚15mmの板を14mmや10mmまで削り、
溝を掘り、穴加工。

こちらは横の面にまで等間隔にタップ加工がしてあります。

この製品のタップ加工はM3とM6タップ。
両方共にヘリサートが挿入されています。

(ヘリサートタップとは、ステンレスでできたネジ穴に事で、
  タップがバカになった時や、アルミなどの柔らかい素材の
   補強タップとして使用します。)

アルミ職人工房では
自社で苦手な加工も、腕の良い東大阪の町工場の仲間で対応しています。

アルミと言えばアルミ職人工房

そう言ってもらえれる様に日々勉強しています。

ではでは。。。


コメント

非公開コメント

プロフィール

arumistaff

Author:arumistaff
アルミ職人スタッフブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード