FC2ブログ

アルミコロナシールドリングを単品製作しました。

はい。久しぶりに更新です。
今回は久しぶりのけったいなモノを製作しました。

実際にはアルミコロナリングと言います。
シールド出荷7,10
出荷時の写真です。

これがなんと30mの高さのところに設置されるみたいです。
大容量設備のシールドです。
ここでコロナを発生させるとかさせないとか。。。ビリビリビリってやつですわ。


さて
これを製作する過程をちょこっと紹介。
まずはアルミの板を扇型に切り、溶接して、叩いて
この状態まで持ってきます。
アラタタキ出し7,10
内側も同様にして
アラ溶接中7,10
それをセンター(芯の部分)を溶接し
アラ溶接後7,10
この状態です。
ここまででもだいぶ形にはなってますが、
ここからタタキ板金で形に形成して行きます。
タタキ板金風景シールド7,10
タタキ板金風景シールド2、7、10
分りますかね?
写真で見える製品の上部は加工後、下部はまだの状態。
こうして少しづつ叩いていき形に形成して行きます。

これ以外と難しいんです。
金型がドンピシャなんて珍しく、たいがい形に近い金型を使用し、
職人の勘と経験、手や指の感触で判断して行きます。
もちろんゲージでも確かめます。

そして2組を抱き合わせ、リングを形成させ、
仕上げてバフ研磨。
シールド完成2、7,10
その後にフランジ等を溶接し完成です。
シールド完成7,10
いや~
久しぶりにやったりました。

こんなご依頼大歓迎です。
もちろん少ロットでお願いします。

西堀 広希

コメント

非公開コメント

プロフィール

arumistaff

Author:arumistaff
アルミ職人スタッフブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード